仙台キャバクラ派遣

MESSAGE

試食販売という接客業において絶対にしてはいけない2つのこと 試食販売という仕事に興味を持っている方も多いでしょう。試食販売というのは、典型的な接客業です。一見すると簡単に見えるのですが、実際に試食販売をしている方の中には絶対にしてはいけないと言われていることを当たり前のようにしている方も少なくありません。ここでは、試食販売という接客業において絶対にしてはいけないことを2つご紹介していきたいと思います。 ・試食を出してただ立っているだけ 商品にもよるのですが、基本的に試食販売において試食を出してただ立っているだけというのはNGです。もちろん、先方からそういった指示があれば別ですが、特別な指示がない場合には基本的に声をかけながらお客様へ試食をすすめていくことになります。 特に、試食を用意してそれを台の上に並べて、ただ突っ立っているだけというのは絶対にいけません。
仕事の放棄とも受け取られかねませんし、何よりもそういった状態の試食販売員というのはお客様からするととても不気味な存在に見えてしまうのです。
興味はあるけど、試食をしていいのかすらわからないということで遠巻きにするお客様がほとんどでしょう。商品のイメージにも関わります。
それに頑張って売ったら、なぜ売れたのか、なぜ売れなかったのかが分かってきます。この経験は非常に今後の商売に役に立ちます!仙台キャバクラ派遣でもなぜ需要があるのか、なぜ需要が無かったのかを調べていく必要がありますね! ・試食させる相手を選ぶ 試食販売においてもうひとつやってはいけないことがあります。それは試食させる相手を選ぶことです。言ってしまえば、お客様を選ぶことです。もちろん、さすがに同じお客様が何度も何度も試食をするとなってくるとお断りしたほうがいいのですが、明らかに初めてのお客様に対して身なりだけで判断し、試食をさせないというのは絶対にNGです。 「さすがにそんな失礼な試食販売員はいないでしょ」という方もいるでしょうが、実際に存在するのです。いかにもお金持ちそうなお客様にばかり試食をすすめ、あまり裕福そうでないお客様には試食をさせないように避けるということもあります。ひどい場合にはお客様が群がっている中で、特定のお客様をまるでいじめのように避けることもあります。 こういった行為は、商品を買ってもらうチャンスを逃すだけではなく、商品のイメージや企業イメージまで損ねてしまう可能性があります。仙台キャバクラ派遣ではないようにしていきたいです。特に、今はSNSで何でも拡散できる時代ですので、失礼な行為というのは絶対におこなってはいけません。