仙台キャバクラ派遣

MESSAGE

「水商売は老けるのが早い」と言われる3つの理由

「水商売」というキーワードは、「老ける」というキーワードとセットで検索されることも多いようです。というのも、水商売は老けるのが早いと言われています。確かに水商売の世界で働いている方というのは実年齢以上に見えることが多いのですが、それはなぜなのでしょうか?ここでは、「水商売は老けるのが早い」と言われる理由を3つご紹介していきたいと思います。

・たくさんのお酒を飲むことになるから
まず、水商売ではやはりお酒をたくさん飲むことになります。お酒というのは「老ける毒」とも言われており、実際にお酒の飲み過ぎで見た目だけではなく、体の中まで老けてしまっている方は少なくありません。もちろん、もともとお酒に強いという方もいるかもしれませんが、基本的に何事においても度が過ぎると問題が出てくるのです。

・生活習慣が乱れるから
また、水商売では生活習慣が乱れることになります。夜型の生活で自律神経が乱れるという話は、もはや常識です。そこからホルモンバランスの乱れが起こり、さまざまな症状が出てくることもあります。
栄養バランスのとれた食生活を実践するのも難しいでしょうし、運動もなかなかできないでしょう。夜型の生活やお酒の影響で睡眠の質も低下していくかと思います。健康的な生活習慣とはかけ離れた生活を送っていくことになりますので、ある意味で老けるのは仕方がないのかもしれません。

・ストレスが多いから
そして、水商売というのはストレスが多い仕事です。身体的なストレスはもちろん、人間関係での精神的なストレスも相当なものです。ストレスというのは目に見えないものでも、確実に人間の心身へ影響を及ぼすものです。
肌が荒れたり白髪が増えたりと目に見えて老けていくこともありますし、見た目には変化がなくとも体の内側でどんどん老化が進んでいくこともあります。特に今はストレス社会ですので、ストレスによる影響というのは無視できません。もちろん、ストレスによって老化が進むというのは水商売に限ったことではないのですが、ストレスの大きい水商売だからこそその影響もより大きくなるのです。